スポンサーサイト

  • 2012.04.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


両親への挨拶

■当然ながら、まずは挨拶が大事
普段からお互いの家を行き来していて両親とも顔なじみとなり、親しくしていることも多いと思います。が 結婚を決めたらけじめをつける意味でも2人の意思が固まった事をきちんと話し、結婚しますという挨拶をし、了解していただきましょう。
これから結婚式、この先も末永いお付き合いとなる両家ですから、けじめをつける時はきちんとけじめをつけ、緊張もしますがきちんと挨拶しましょう。

ポイント1
まずどちらの両親を先に挨拶に御伺いするのかが問題ですね。
どちらかの両親がまだ2人のことよく理解して頂いてないときはまずその両親に挨拶に出向き、お許しを得ることが第一ですね。どちらの両親ともある程度了解を得ているのなら女性側の両親を先に訪問、挨拶します。

ポイント2
あらためての挨拶は緊張するものです。訪問する前にお互いの両親の情報をいろいろ教えあっておいて下さい。たいていの場合は母親は応援してくれているのでいいのですが、注意しなければならないのは父親の方です。前もって父親の趣味,興味ある事など聞いておくと話のいいきっかけになります。

ポイント3
ある程度どんなこと聞かれるのか予想がつきます。予想がつかなかったら友人などの中から経験者にきいてみるのもいいでしょう。ある程度こんな事を聞かれたらこう答えるというふうに頭の中で想定しておきましょう

ポイント4
まずお会いしたら話す最初の言葉は必ず考えておきましょう。どんな場合でも最初の一言は重要ですから。緊張のあまりつまって言葉が出ないって事のない様に念入りにね。

お役立ちリンク
花粉 情報
確定 申告
面白 資格

結婚式の引き出物

結婚式場で勤めながら冠婚葬祭について勉強がてらまとめて
いこうかなと思います。
いずれサイトの形にできたらいいな。

※※※※※※
引き出物は披露宴のもてなしの一つとして贈るしきたりがあり、
御祝を頂いた「お返し」ではなく、招待客への「お土産」に
なるので来て頂いた方全員に、同じ品をだすようになっています。
多種類の引き出物を出す地域もあれば、荷物にならず好みの品を
選べるカタログ式ギフトが良いという声もあり、「王道」などと
いう形はありません。

また引き出物の金額は、披露宴の飲食費の1/3〜半額程度の
品にすると良いでしょう。
また記念品が1品の場合もあれば、引き菓子や折り詰めなどを
一緒に添える場合もあります。
一般的には1品の場合は、表書きには両家の姓を書きます。
2品目があれば、二人のお披露目の意味を込め新郎新婦の
名前を書きましょう。



引き出物は本来、来て頂いた招待客一人一人に渡すものですが
最近では夫婦で出席した場合は、二人に一つ、一家族に一つ
というケースも増えてきています。
いずれにせよ、媒酌人夫婦には引き出物とは別に品物を用意
するのが普通です。
また当然ですが、新郎新婦とお互いの両親には引き出物は
用意しません。
しかし稀に両家で引き出物についての意見が合わない場合は、
招待客の顔ぶれをよく考え、もっとも多数に喜ばれる物を
優先しましょう。遠方からの出席者が多い場合などは、家族の
お土産を考慮して菓子折りを付けたり等、招待客主体で考えましょう。
予算的に合わない場合は、安い予算の物に揃えてそれでは済まないと
考える人には、挙式後に内祝いとして配るようにします。


大体引き出物は、式場指定の店で注文することが多いですが
その場合は、1ヶ月くらい前におおまかな数を伝え挙式の
1週間前に正確な数量を知らせます。
式場の勧める引き出物がどうしても気に入らない場合などは、
自分達で用意した物を式場に持ち込むことになりますが
式場によっては持込料を請求される場合があるので事前に
式場に確認しておきましょう。


パソコン検定
年金分割
冠婚葬祭
離婚
お稽古
花言葉